本気で赤みをなくすならアディクシーとアプリエ。の特徴と使いこなし。☆

こんにちは萩原です(・Д・)ノ

どんな人??

↓↓

最近の旬なカラーは、赤みなし。

そして、日本人の髪に向いてないのも赤みなしのカラー。


なので、何かならないと思ってる方も少なくないはず。
だからこそ、それをどうにかしようとするもの!!


そこで、出てきたのが「アディクシー」と「アプリエ」。



アディクシーの特徴は、彩度。
そして、寒色特化。

薬剤の設定自体、基本「青」です。

濃い青で、染めてブラウンすらかきけす。
今までにない、配合の薬剤になってます。


使うならやっぱり「サファイア」メインでいきたいですね。
一番青いので。笑


だだ、本当にブルーの薬剤なので上手くコントロールしないと何か暗い黒い?、、、。
みたいになります。
ストレートしてある髪なんて繊細にいかないと、切ない感じになります。


そうならないように設定するのですが、僕は基本「加減方」で行った方がいいと感じてます。


例えば、10トーンにしたいなら13と7混ぜるやつです。

アディクシー自体はあくまで色の濃さに特化してて、メラニンを削る事に特化してる訳ではないので、「加減方」で補います。


あとは、感覚に慣れること。



そして、「アプリエ」。
アプリエの特徴は「ハイ透明感カラー」。
メラニンを削りそこに色を入れる事に特化してます。


ブリーチなしで明るめ柔らか外国人風カラーみたいなのにもっていくならとても良いです。


そもそも、アプリエの一番のポイントは薬剤に混ぜる「パウダー」。
これが、スゴイです。
メラニンのみ削れる優れもの。


ブリーチは全部根こそぎいく感じですが、これはピンポイントでいけます。
初めはそんな事出来るの?と思ってましたが出来ました。笑

ダメージ感が全然違います。


気をつけなきゃいけないのは、髪の状態をキチンと見ること。
メラニンのみ削ると言うことは、残留色素とかには影響しないので、そこを読み間違えると沈みます。



というか、パウダーでメラニンが削れることによって起きるベースのトーンアップがなく、そのまま設定どうりの色味がかぶさるだけになるので、トーン次第ではそりゃ暗くなるだけになります。


だからと言って、染めてあるとこに使えないのかと言うとそうではないです。

残ってるメラニンは削れるので、どんなに明るい設定でいってもオレンジ感とりきれなかった、、、。


なんて髪はメラニンしっかり残ってるので、それこそアプリエで「理想のカラー」をしてあげられると思います。





さて、この前来て頂いたお客様の写真。
ちょっと見づらいです。


が、バージン毛からのハイライトONのグレージュカラー。のアフターです。
この時の作業行程。少しでも参考になったらと思いますv(・∀・*)



よりダメージレスに求める明るさ色味を出すためにまずは、全頭ハイライト。
この時の薬剤が、アプリエです。

バーゲン毛のメラニンを削りつつ色をいれるので、ブリーチハイライトみたいなオレンジになりません。

グレーっぽいハイライトが、簡単に入ります。
そして、ベースは9トーンのアディクシー。
そのままいきます。



これで、おいて流して完成です。



アディクシーもアプリエも一癖ありますが、使いこなしたら本当に幅が広がります。


特にアプリエ。
とても楽しいです。笑


そのままはもちろん。
場合によっては、ダブルカラーにした方が良さそうなところを使い方次第で1発でいけます。
しかも、大幅にダメージレスに。


ハイライトで使うとかインナーとか、、、。



ということで、メラニン改善からグレージュまでカラーのご相談は萩原まで!


お待ちしてまーすヽ(・∀・)ノ

0コメント

  • 1000 / 1000